プロペシア(フィナステリド)についてのまとめ

公開日:

AGA治療で使われる薬、プロペシア(フィナステリド)について個人的なメモです。間違いがあれば教えて下さい。

プロペシア(フィナステリド)とは

前立腺肥大症の治療薬として開発されたが、服用した患者から「毛が生えるようになった」という訴えが相次ぎ、改めて育毛剤としての研究開発がされた。国内では2005年12月に万有製薬(株)から発売される。
ジェネリックとしてフィンペシアプロスカーフィンカーなどの薬がある。

プロペシア効能

薬の名前がプロペシアで、その中のフィナステリドが成分名。
AGAの原因となる男性ホルモン(DTH)の生成を抑制することで、脱毛や薄毛を防ぐ。

プロペシア副作用

過敏症としてかゆみや蕁麻疹などが出ることがある。また、1%未満の副作用で、勃起付機能不全や精液量減少などもみられる。

プロペシア入手方法

  • 皮膚科や発毛クリニックにてもらう(保険適用外)
  • 個人輸入(メリットは費用が安い事。デメリットは偽物の危険性)

ひとことメモ

皮膚科か発毛クリニックのどちらで処方してもらうか調べる必要アリ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑