CAG、GGCってなんだ?遺伝子でAGAを判定できるみたい。

公開日:

DNA採取キット

以前、AGAセルフチェックを紹介しましたが、簡単な設問に答えるだけで???な感じでしたがDNAからAGAかどうか判定するAGAドッグというサービスがありました。

DNA採取キットが送られてきて、頬の内側を綿棒で擦って郵送するだけでAGAかどうか判定できるようです。

どうやって判定するの?

AGA(エージーエー)の原因は男性ホルモン中のアンドロゲンによる影響が最も大きいと考えられています。AGAドックではこのアンドロゲンを受け取る受容体(アンドロゲンレセプター)の感受性の高さを遺伝子レベルで分析しAGA(エージーエー)のリスクを予測します。

AGAはアンドロゲン受容体とDHTの感受性が高いほど発症しやすくなってます。その感受性をDNAから判定するようです。

その中でもCAGGGCというDNA配列の数値を調べるようです

cag-ggc

なんだか小難しいですが「フィナステリドによる治療効果の予測」もできるようなので管理人も興味津々です。費用は12,960円(税込)です。

AGAドッグはこちらからどうぞ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑